社会経験が浅くても大丈夫!20代の面接必勝法

社会経験が浅くても大丈夫!20代の面接必勝法 イメージ

学校を出てすぐの就職、あるいは数年勤めた時点での転職など、20代で面接を受ける方も多いことでしょう。面接から採用に結び付けるには自分の魅力をしっかり相手に伝える必要があり、社会経験の浅さからアピールできるポイントが少ないために不安に思う方もいるはずです。しかし、社会経験が浅くても大丈夫!20代の面接必勝法について考えていきましょう。

みんなスタートラインは同じだと自信を持つのが重要です。
社会経験が浅くても大丈夫と考え、積極的な姿勢で面接に臨むことが大切です。若い人を採用しようという場合、経験についてはそれほど問われないことが多いです。長くても数年程度の経験ですから大きな差とはならないでしょう。むしろ、経験が物を言うような近い業種で転職をする場合は、以前の職場で何らかの問題があったと思われる可能性もあるのです。そのため、経験のなさをマイナスにとらえず、自信を持つことを意識して面接に向かうようにしましょう。

やる気をアピールして好感触
20代の面接必勝法で重要なのが、若さややる気を見せることです。経験よりもこれからの伸びしろや可能性が重要視されます。面接を受ける会社について興味があるという事が伝わるとやる気も伝えやすいですから、企業研究はしっかり行っておきましょう。また、これから活躍できることを示すため、20代ならではの若々しさや元気さをアピールできるように、大きな声ではっきりと、姿勢を正して話すことができるように練習しておきましょう。自分一人で行うのではなく、誰かに面接官役をやってもらうとよいです。相手から見た問題点を指摘してもらうことで、実際の面接で気を付けるべきポイントが見えてきます。

いくら経験が問われないからと言って、これから就く仕事について何も知らないようでは入社してから困ってしまうことが目に見えています。そのような人を積極的に摂る会社は少ないでしょう。そのため、面接を受ける前にその会社について調べておいたり、関連する資格取得をしておくことをお勧めします。それにより経験のなさをカバーすることができますし、仕事に就いてからも役立ちます。

おわりに
心配しすぎて自信のない言動になってしまうのが一番問題です。自信を持って面接に臨めるよう、しっかり準備をしていくのが20代の面接必勝法といえます。

お役立ち情報の一覧へ